通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > x86系 > 命令セット
FMA3
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:エフエムエイ-スリー
外語:FMA3: three-operand Fused Multiply/Add
品詞:名詞

オペランドが3つあるFMA(積和演算)命令で、特にx86に搭載されている命令セットの一部をいう。

目次
概要

IntelIntel AVXの一部として導入した。

元々は4オペランドのFMA4を発表していたが、命令長が長くなること、そして命令デコーダーが肥大化することを懸念し、最終的に3オペランドのFMA3となった。

オペコードは当初発表していたFMA4とは異なるものが割り当てられた。

AMDBulldozerは、後から発表されたFMA3の搭載が間に合わない代わりにFMA4が搭載され、FMA3はTrinity(Piledriverなど)から対応した。

なお、Microsoft Visual Studioの実装では、FMA3も含めて「FMA4」と呼んでいるようなので、注意が必要である。

特徴
VEX

VEXを使っての符号化でのみ動作する命令である。

VEX.L=1で、ymmおよびm256命令にできる命令が多い。

ss/sdまたはps/pdは、VEX.W=0/1で切り換える。

符号

66 0F 38 xx /r相当の機械語をVEX符号化したものを使う。

命令

3つのオペランドを、それぞれ132/213/231として扱うため3種類の命令がある。

順番が異なるだけで、命令の種類は同じ。分かりにくくなるが、3種類全ての命令を以下に一覧する。

リンク
用語の所属
Intel AVX
関連する用語
FMA4

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic