通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系
H-Iロケット
辞書:科学用語の基礎知識 天文学ロケット編 (UROCKET)
読み:エイチいちロケット
外語:H-I
品詞:固有名詞

宇宙開発事業団(NASDA)(後のJAXA)により開発された、衛星打ち上げ用の国産三段式液体燃料ロケット

外径2.49m、全長40.30m、重量139.3トン。

誘導方式は慣性誘導方式。

目次
ロケットの概要

N-IおよびN-IIロケット開発の成果を元に開発され、国産技術をふんだんに導入した。

第一段ロケットMB3-3
固体補助ロケットSOB
第二段ロケットLE-5
第三段固体ロケットモーター(特に名前はない)

技術的には、第一段エンジンと固体補助ロケットSOBフェアリングのみがN-IIロケットと同じアメリカ製で、それ以外の全ては国産とした。

第二段エンジン(LE-5)と推進系、ならびに第三段固体ロケットモーターと慣性誘導装置はH-I用に開発された国産品を採用した。

性能

静止打上能力550kg

名称について

名前の「H」は、液体燃料の水素(H)から取られている。

これは、後のH-IIロケットH-IIAロケットも同様である。

実績と記録
実績について

試験機1号機(H15F)が1986(昭和61)年8月13日05:45(12日@906)に打ち上げ成功した。

更に試験機2号機(H17F)の成功を経て3号機〜9号機まであわせて9回の打ち上げに成功し、1986(昭和61)年から1991(平成3)年にかけてBSやCSなど合計9衛星の打ち上げに貢献した。

打ち上げ日時
打ち上げ実績

H-Iロケットでは、次のような衛星を打ち上げた。

リンク
関連するリンク
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/h1/
用語の所属
H1
関連する用語
NASDA
液体燃料ロケット
H-IIロケット
SOB
フェアリング
ひまわり4号
BS-3a
BS-3b

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic