通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > ARM系 > QUALCOMM
Krait 300
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:クライト-さんびゃく
外語:Krait 300
品詞:商品名

QUALCOMMの開発した携帯端末向けCPUの一つ。Snapdragon 600とSnapdragon 400で使用される。

目次
概要

TSMCの28nm LPプロセスで製造される。これは、従来のKraitと同じである。

なお、従来のKraitと比べて単純にクロックを高速化しただけではなく、内部的な改良も施されているとされる。

ARMベースのプロセッサーであり、従来のKraitと同様にARM Cortex-A15対抗となるが、従来同様、ARM Cortexとは異なるアーキテクチャーとなっている。

特徴

Snapdragon 400用のものは当初はKrait 200と発表されていたようだが、600用とあわせてKrait 300に変更されたようである。

リンク
関連する用語
Krait
Krait 400

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic