通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > ARM系 > QUALCOMM
Krait
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名編 (INCPU)
読み:クライト
外語:Krait
品詞:商品名

QUALCOMMの開発した携帯端末向けCPUの一つ。コブラに近縁の毒ヘビ、アマガサヘビから。

目次
概要

Snapdragonシリーズで採用された二代目のプロセッサーで、これを著している時点で現役のプロセッサーである。携帯電話向けチップセットであるMSMなどのシリーズで使われている。

命令セットはARMv7(ARMv7-A)となるアプリケーションプロセッサーである。

ARM Cortexの対抗となるARM系RISCコアである。ARM Cortex-A8/A9対抗だったScorpionの後継で、ARM Cortex-A15対抗だが、完全に新しいアーキテクチャーとなっている。

Scorpionは45nmプロセスで製造されていたが、Kraitは28nmプロセスで製造される。

特徴
利点等

QUALCOMMは、現行のARM社製コアより、高速、かつ低消費電力だとしている。

先代のScorpionと比較して、より多くのIPC(Instruction-per-Clock)を達成、周波数当たりのドライストーンMIPS値を向上した。Thumb-2命令のMOVW/MOVT/ADDW/SUBW命令などにももちろん対応している。

シングルコア、デュアルコアクアッドコアの製品が存在し、さまざまな周辺機器を搭載したMSMなどとして市販されている。

コアあたりのクロック周波数は最大2.5GHzとされる。

後継

Kraitの後継は、Snapdragon 400/600/800シリーズで採用される、次のシリーズである。

Snapdragon 400シリーズ用のものは当初はKrait 200と発表されていたようだが、Snapdragon 600シリーズ用とあわせてKrait 300に変更されたようである。

なお、64ビット版最初のシリーズであるSnapdragon x1xシリーズは64ビット化を急いだためか、ARM Cortex-A53ARM Cortex-A57IPをそのまま使っている。将来の、Kraitの後継がどうなるかに注目が集まっている。

リンク
用語の所属
ARMアーキテクチャ
Snapdragon
関連する用語
Scorpion
Krait 300
Krait 400

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic