通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > 携帯電話 > システム > 無線系 > チップ > チップセット
Snapdragon
辞書:通信用語の基礎知識 無線電話技術編 (WTELMT)
読み:スナップドラゴン
外語:Snapdragon
品詞:商品名

QUALCOMMが提供している、ARMアーキテクチャのCPUをベースとして各種の電力制御やセンサー、通信機能などの周辺機器を統合したSoC製品。

目次
概要

QSDシリーズやQSTシリーズは移動通信機能を搭載し、通信機器に使われている。

また、タブレット端末向けに、移動通信機能を持たないアプリケーションプロセッサーとしてAPQシリーズも提供している。

2013(平成25)年現在、S1からS4までのSnapdragon Sシリーズと、200/400/600/800のSnapdragon x00シリーズが存在する。

特徴

Snapdragonは、英語で金魚草(キンギョソウ)の意。

このSoCで使われるQUALCOMM設計のCPUコアは、有毒な動物の名前が付けられていた。3世代目のKyroは不明

  1. Scorpion (スコーピオン) … サソリ
  2. Krait (クライト) … コブラ科の毒蛇
  3. Kryo (クライオ)
一覧

各世代に対応する主なチップは次の通り(一覧はアルファベット順であり、性能順ではない)。

また、数字の100の位でモデムの種類を表わすため、数字の大小と性能は無関係である。

Snapdragon S

Qualcomm日本語サイトは更新が遅れているのか、以下がS4として掲載されたままとなっている(英語版からは消されておりx00シリーズに移動されている)。

なお、S4 PlusのリストにあったAPQ8030の型番は、Snapdragon XXXになく、そのまま消滅したようである(代わりにXXXにはAPQ8030ABという型番がある)。

Snapdragon XXX

かつてSnapdragon S4として発表されていたが、新しいSnapdragonシリーズに変更されているものがある。

32ビット製品では、Sanpdragon 200のみプロセッサーコアにCortex-A5やA7などを搭載し、それ以外はKraitシリーズである。

64ビット製品では、Kraitの後継を開発中であるため、当面はCortex-A57Cortex-A53が使われる。


Snapdragon 200シリーズ

ローエンドで、エントリーモデル向けのシリーズ。


Snapdragon 400シリーズ

ローエンドないしミドルレンジで、メインストリーム市場向けのシリーズ。


Snapdragon 600シリーズ

ハイエンドのスマートフォンやタブレット向けのシリーズ。


Snapdragon 800シリーズ

スマートテレビノートパソコン、ハイエンドのスマートフォン・タブレット向けのシリーズで、シリーズ最上位。

リンク
関連するリンク
http://www.qualcomm.com/snapdragon
http://www.qualcomm.co.jp/products/snapdragon
用語の所属
QUALCOMM
SoC
関連する用語
チップセット (QUALCOMM)
MSM
MDM
Krait

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic