通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 設計 > ソケット > インテル
LGA775
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:エルジーエイ-ななななご
外語:LGA775
品詞:固有名詞

IntelCPUソケットの一つで、775ピンLGAパッケージのソケットの通称。mPGA478(Socket 478)に代わる新型CPUソケットとして登場した。Socket Tとも呼ばれた。

目次
概要

PrescottコアのLGA775対応Pentium 4から採用された。

予想以上に長生きし、2011(平成23)年第2四半期の製品まで現役で、Pentium Dual-Coreでは最高でE6800/E5800まで、Celeronでは最高でE3500まで(プロセッサーコアは共にWolfdale)使用された。

特徴
形状

ピンがソケット側にあるのが視覚的な従来との最大の違いである。

LGA775 CPUの裏側
LGA775 CPUの裏側

またICの固定もレバーが一本だった従来と違い、枠全体をカバーで覆うようになっている。

i875P/865シリーズの後継チップセット「Alderwood」、「Grantsdale」で採用される三大柱、LGA775、PCI ExpressDDR2メモリー、のうちの一つとして位置づけられている。

ピン数

775本のピン数は、Socket 478の478本と比較して圧倒的が増えているが、その大半が電源とGNDピンに費やされている。

これはPrescottコアの消費電力増大問題に対応するためで、マザーボードから大電流を流すことができるよう配慮したためである。

リンク
用語の所属
LGA
関連する用語
Socket 478

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic