通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 医学 > 薬学 > 薬剤 > 成分・薬効分類 > 麻薬(8) > 非アルカロイド系(82) > 合成麻薬(821)
MDMA
辞書:科学用語の基礎知識 薬学・精神薬編 (BPHARM)
読み:エムディーエムエイ
外語:MDMA: Methylene Dioxy Meth Amphetamine
品詞:名詞

合成麻薬の成分。エクスタシー(ECSTASY)で使われている。麻薬及び向精神薬取締法で麻薬指定。

目次
物質の情報

MDMA
MDMA

誘導体、関連物質の例
薬品の情報
流通

以前は「アゲ玉」、最近では「SEXドラッグ」などと呼ばれているらしい。

錠剤にそのまま「SEX」と描かれているとされており、渋谷のクラブなどで売られていたりするらしい。

作用機序

メタンフェタミン(覚醒剤)に似た構造を持つが、作用機序は異なる。幻覚剤にも分類されるが、一般的な幻覚剤と違って幻視・幻聴は無いとされる。

MDMAは、脳内でセロトニンを過剰分泌させることで、人為的にセロトニン症候群を引き起こす。これにより、多幸感などをもたらすとされる。

経口服用後、1時間程度で効果が現われ始め、4時間〜6時間程度持続する。

副作用など

毒性・危険性は低いとされる。

但し、末端で売られている物には何が混ぜられているか分からないので、使うべきではない。最悪で死ぬ危険性がある。

俳優の押尾学がMDMA使用容疑で逮捕された事件で、MDMAの錠剤を2錠服用した銀座ホステスが死亡し、大騒動となった。但し、これを著している時点では因果関係は捜査中である。

規制区分
製品例
リンク
用語の所属
麻薬
関連する用語
MDEA
MDA
MDE
MBDB

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic