通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置
技術・工学 > 半導体
PIO (パラレル)
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:ピーアイオウ
外語:PIO: Parallel Input/Output
品詞:名詞

パラレル入出力。パラレルでの情報の入力・出力の信号や制御、ならびにその制御を行なうプロセッサーのこと。PPI(Programmable Peripheral Interface)ともいう。

概要

組み込み用CPU(MCU)の場合はCPU自体にPIOの機能が搭載されていることが多いが、それで不足の場合は更に別にPIOのプロセッサーを搭載した上で、そこに目的とするハードウェア(LEDドライバーやリレードライバーなど)を接続する方式となる。

合計24ビットの汎用I/Oを持つ8255などが広く使われたが、この石のオリジナルはIntel 8255Aである。後に互換品も登場したが、元々8ビットプロセッサー用に作られているため速度が遅いのが難点で、また古いICゆえに互換品さえも入手が困難となってきた。

PIOと名の付くオリジナルはZilogのZ80 PIO(Z8420)である。

リンク
関連する用語
8255
I/Oポート
SIO

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic