通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 電源関係 > 給電
Qi
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:チー
外語:Qi
品詞:商品名

Wireless Power Consortium(WPC)により策定された、ワイアレス給電の標準。

目次
概要

無接点で、充電器に置いておくだけで充電できるものは以前からあった。コードレス電話機の子機や、充電式シェーバーなどで採用される例が多かったようだが、コストダウンのためか、近年の製品ではほぼ絶滅した。

Qiは、その標準規格として今さら作られたものの一つである。Qiの漢字表記は「気」であり、気功の「気」を意味するとしている。

特徴
バージョン
出力

当初仕様は、最大5WのVolume I Low Powerのみが規定されている。

状況

日本国内では、日立マクセルの「ワイヤレス送電パッド」とiPhone 4専用充電スリーブが、初のQi規格準拠製品となる。

またパナソニックも、Charge Padを製品化、2011(平成23)年6月24日に発売した。

携帯電話機やスマートフォンなどでも今後のトレンドとなる機能で、NTTドコモも「おくだけ充電」というサービス名で採用、富士通、シャープ、NECカシオ等のスマートフォンやiモードケータイで順次対応した。海外向け端末でも、今後機種が増える見込みである。

2012(平成24)年末には、スマートフォンのmicroUSBポートに接続する台湾製のアダプターも登場した。

Volume-I製品
傾向

Volume-I Qi対応の製品の傾向は次の通り。

携帯可能なモバイルバッテリーで、かつQiでスマートフォンに充電することができる製品も、希少ではあるが存在する。

充電器

Amazon.co.jpなどで購入できる、Qi対応で、かつ様々な機種に使える主な充電器は次の通り(順不同)。

このほかにも大小様々な物が市販されている。

モバイルバッテリー

Amazon.co.jpなどで購入できるQiで充電できるモバイルバッテリー製品は次の通り(順不同)。

その他
リンク
関連するリンク
http://www.wirelesspowerconsortium.com/
Qiのすべて(個人サイト)
用語の所属
ワイアレス給電
関連する用語
充電
おくだけ充電
PMA
Rezence

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic