通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電話 > 携帯電話
電子計算機 > 種類 > 携帯情報端末
スマートフォン
辞書:通信用語の基礎知識 無線電話サービス編 (WTELMS)
読み:スマートフォン
外語:smart phone
品詞:名詞

音声通話の他に、ショートメッセージサービス(SMS)、電子メールWebブラウザーその他様々な機能を拡張できるようにした、多機能な携帯電話機

目次
概要

PDA受話器送話器が用意され、通話機能やメール機能はPDAにインストールされているOS上で動くアプリケーションによって提供される携帯電話機と考えればよい。

日本で初めて発売されたスマートフォンはVodafoneの702NK(Nokia製)、日本製ではWILLCOMW-ZERO3(シャープ製)となる。

但し、特別にスマートフォンと呼ばれていなくても、日本の携帯電話機はどれも非常に多機能であり、海外のものに比べると非常にスマート(賢い)である。

特徴
由来

海外の携帯電話機は、元々は非常に低機能だった。

日本の先進的な電話機は、先進的すぎて「ガラパゴスケータイ」(略してガラケー)などと呼ばれ海外では売れなかったが、遅ればせながら海外メーカーが日本の携帯電話機の劣化コピー品をスマートフォンと称して売ったところ大ヒットした。

その後もせっせと、先進的な日本の携帯電話機の機能を取り込み高機能化し、徐々に日本の携帯電話機に性能が近づいてきている。

なお、対抗であるガラパゴスケータイは蔑称であるとし、今では「フィーチャーフォン」などとも呼ばれている。いずれにせよ日本の携帯電話機は、安物でも世界最先端の一つである。

よく見られる操作系の用語

スマートフォンの操作に関する、よく使われている専門用語は次の通り。

センサー類

スマートフォンは、様々なセンサーを搭載し多機能化する傾向にある。よく搭載されているセンサーは、次の通り。

Androidでは、センサークラスとして様々なセンサーへの対応がある。

補足
ガラケーからの輸入機能

日本の「ケータイ」という装置は極めて多機能で、次のような機能が遅れていた海外のケータイに輸出されスマートフォンを誕生させた。

以下は今のところ日本のスマートフォン限定。

差異

日本向けの国産ケータイは日本で生活するのに必要な機能を持っている。舶来のスマートフォンは、必ずしもそうではない。

フィーチャーフォンは、最低でも電話用の数字ボタンは用意し、隙あらばフルキーボードも付ける。何よりも操作性や実用性が重視される。毎日使う生活用品だからである。

対してスマートフォンは、タッチパネルを使い、ボタンを使わないで操作することを良しとする、つまり操作性より見た目が重視される傾向が強い。

パク&ラレ

舶来のスマートフォンは、ガラパゴスケータイ(ガラケー)などと呼び貶した日本の携帯電話機の機能を積極的にパクるという行動をとった。

また、スマートフォンも、iPhoneAndroid搭載機で世界を二分しているが、これも互いにパクリあっているというのが現状である。

iPhoneが初でAndroidは全てiPhoneのパクリといった印象操作が進行しているが、これは事実ではない。

そもそもこれらは日本のガラケーからのパクリだが、ジャイロを先にパクったのはAndroidで、iPhoneはAndroidでジャイロを使った機能を見てから真似して搭載したものである。

リンク
用語の所属
携帯電話機
関連する用語
W-ZERO3
iPhone
ガラスマ
テザリング
タッチペン
ガラパゴスケータイ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic