通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 無線
赤外線通信
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:せきがいせんつうしん
品詞:名詞

赤外線を用いた、ワイアレス通信

目次
概要

携帯情報端末やパソコン等のコンピューターでは、赤外線を用いて小規模なネットワークを構築したり、無線式のマウス(ワイアレスマウス)などを実現したりしている。

家電分野では、現在のリモコンは殆どが赤外線通信であり、さらに道路で使われるVICSの情報などを送信する光ビーコンも赤外線通信である。

特徴

屋外では様々な光源が妨害となるため、赤外線による通信は不向きである。

室内ではそのようなこともなく、また電磁ノイズを受けないというメリットがあり、ワイアレスリモコンなどに広く使われている。

汎用的な赤外線通信方式に、IrDAIrSimpleなどがある。

リンク
関連する用語
赤外線
IrDA
ビーコン
踏切障害物検知装置

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic