通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > 無線 > 近距離通信 > 赤外線
IrSimple
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイアーシンプル
外語:IrSimple
品詞:名詞

IrDAのハードウェアを用いる高速赤外線通信プロトコル。

目次
概要

NTTドコモシャープ、イーグローバレッジ(当時はITXイー・グローバレッジ)、早稲田大学により策定され、IrDAにより規格化された。

IrDAにある相互の確認のオーバーヘッドを効率化することで、実効速度4から10倍程度を実現する。

特徴

送信側から一方的にデータを送出し、その間、受信側とのやりとりを一切しない方式(片方向通信)をIrSS(IrSimple Shot)という。

リンク
用語の所属
IrDA

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic