通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 装置・設備 > 無線 > 近距離通信 > 赤外線
通信 > 装置・設備 > LAN・MAN・PAN > 無線
IrDA
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:アイアーディーエイ
外語:IrDA: InfraRed Data Association
品詞:団体組織名,固有名詞

赤外線を用いた無線通信を規格化する団体、およびその規格名。

目次
概要

団体は、Hewlett-PackardIBMMicrosoftシャープなどが中心となり、1993(平成5)年に設立された。

850nm〜900nmの近赤外線を使用する。

データ伝送をする規格はIrDA DATAといい、一般にIrDAというと、これを指す。他に、IrDA Controlがある。

特徴

版ごとに新たな技術が導入されている。

出力には、次の二種類がある。

それぞれの接続で可能な通信距離は、次の通りである。

変調方式
プロトコル層
第4層トランスポート層IrTTP (Infrared Tiny Transport Protocol)
第3層ネットワーク層IrLMP (Infrared Link Management Protocol)
第2層データリンク層IrLAP (Infrared Link Access Protocol)
第1層物理層IrPHY (IrDA Phisical Signaling Layer)

IrDAでは、IrLAPとIrLMPを必須としている。

アプリケーションプロトコル
関連プロトコル

IrDAのハードウェアを使う、IrDAとは異なるプロトコルに、次がある。

利点等

光が通らない場所とは通信ができないため、情報漏洩の心配が少ない。

光は電波と違い遮蔽物を回り込むと言ったような性質がないため、通信をする機器は互いに向き合っている必要があり、電波を用いるもの(無線LANBluetoothなど)とは使い勝手が異なる。

リンク
関連するリンク
IrDA
用語の所属
ワイアレス
関連する用語
赤外線
Bluetooth
HomeRF

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic