通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > VIA
VIA Cyrix III
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:ヴィア-サイリックス-スリー
外語:VIA Cyrix III
品詞:商品名

台湾VIA Technologiesが2000(平成12)年2月22日に発表した低価格パソコン向けSocket 370用プロセッサー。コードネーム "Samuel" (サミュエル)。

VIAが米National SemiconductorからCyrixのx86部門を買収し、開発を続けた結果として初めてリリースされたプロセッサーで、このCPUはVIAに買収されたCentaur Technologyが開発したもの。IDTのWinChip C6シリーズの後継になる。

つまり、Cyrixの名はあるが、旧Cyrixが開発したものではない。旧Cyrixも "Joshua" という名で開発を行なっていた。だがVIA Technologiesはこれを中止にしCyrixを飼い殺しにした上で、中身はWinChipではあるがネームバリュー的に価値の高かった "Cyrix" の名を使用した。当然ながら、Cyrixを愛していた人たちはVIA製品の不買運動を始めることになる。

0.18μmルールで製造され、64Kiバイトの1次キャッシュ、256Kiバイトの2次キャッシュを搭載する。FSBクロックは66/100/133MHzに対応し、拡張命令として3DNow!を搭載する。

リンク
関連する用語
VIA C3
VIA Technologies
Socket
マイクロプロセッサー
FSBクロック
3DNow!

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic