通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 用語 > 導体・半導体・不導体
p型半導体
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ピーがた-はんどうたい
外語:p-type semiconductor
品詞:名詞

正孔電流の運び手として働く半導体。PはPositiveのP。

真性半導体に硼素インジウムなどの不純物を混ぜ、共有結合させたもの。

例えば、珪素のような4価の半導体に3価の硼素を加えて作ると、硼素原子1つにつき電子が1つ足りない孔になっている。このような半導体に電圧をかけると、孔の近くの電子が孔を埋め、その電子がいたところが新たな孔となる。これを繰り返して孔がマイナス極に移動し、電流が生じる。

この孔は、あたかも正の電荷を持った電子のように振舞うので、正孔と呼ばれる。

リンク
用語の所属
半導体
関連する物質
硼素
インジウム
関連する用語
n型半導体

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic