通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語名・実装 > アセンブラー
電子計算機 > ソフト > プログラミング > 開発・工程・手法
アセンブラー
辞書:電算用語の基礎知識 ソフトカテゴリー編 (PTSOFTC)
読み:アセンブラー
外語:assembler
品詞:名詞

アセンブリ言語で記述されたプログラムリストを機械語へ変換するソフトウェアのこと。この変換作業はアセンブルと呼ばれる。

目次
概要

アセンブリ言語は、マイクロプロセッサーごとに仕様が異なるため、概ねマイクロプロセッサーごとに専用のものが用意される。

また同じプロセッサーであっても、そのアセンブラーのメーカーの違い等により仕様が異なることもある。

特徴

組み込み機器やゲーム機のように、その環境で直接開発することが難しい場合、パーソナルコンピューターなどで開発し、その装置向けの機械語を作ることになる。

このように、他のアーキテクチャー向けのアセンブリ言語をアセンブルできるアセンブラーを「クロスアセンブラー」という。対してその環境用の機械語を出力するアセンブラーを「セルフアセンブラー」という。

リンク
関連する用語
アセンブリ言語
アセンブル
機械語
as

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic