通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ファイル形式 > フォント・書体
コンポジットフォント
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:コンポジット-フォント
外語:Composit Font
品詞:名詞

PostScriptで使われる、Type 1フォントやType 3フォントなどのフォントを複合する技術で、これにより作られるものをType 0フォントという。

特徴

元々、Type 1フォントは欧文用に設計されており、ラテン文字などを前提とした仕様のため、1ファイル当り256文字まで(多くは188文字前後)しか扱うことができなかった。

PostScriptで日本語などの版組を可能とするため、複数のType 1フォントを「積み重ねた」(コンポジット)構造とし、これをType 0フォントという。Type 0フォントを扱う方法は複数あるが、代表的なものはOCFCID-Keyedである。

一般に日本語PostScriptフォントはみなコンポジットフォントであるため、PostScriptフォントの別名として呼ばれることが多い。

リンク
用語の所属
フォント
関連する技術
PostScript
OCF
CID-Keyed
OCF+

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic