通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 磁気ディスク > フロッピー
フロッピーディスクドライブ
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:フロッピーディスクドライブ
外語:FDD: Floppy Disk Drive
品詞:名詞

フロッピーディスクを読み書きするための装置のこと。FDDと略される事が多い。

目次
概要

「8インチ」から始まり、「5.25インチ」に小型化され、その後何種類かあったが「3.5インチ」が普及した。

このそれぞれは物理的な互換性がなく、専用のフロッピーディスクドライブが必要であった。

黎明期のパーソナルコンピューターでは5.25インチがよく使われ、その後は3.5インチが使われた。

8インチ フロッピーディスクドライブ
8インチ フロッピーディスクドライブ

5.25インチ フロッピーディスクドライブ
5.25インチ フロッピーディスクドライブ

特徴

2009(平成21)年現在でも、商業・法人登記や不動産登記などの手続きで3.5インチフロッピーディスクを要求される。

しかしこの時点で既に一般にはフロッピーディスクは殆ど使われておらず、読み出し専用で提供する場合は光ディスク、身近なデータ移動はUSBメモリーに移行している。

このため、最後まで残った3.5インチフロッピーディスクドライブの主要メーカー三社も、生産撤退を発表している。

ティアックの場合、東南アジアのマレーシア工場(マラッカ)で生産し、2008(平成20)年度の出荷台数は245万台、直近は月16〜17万台を出荷するが、年20%以上のペースで数が減っているとしている。

生産の最低水準を切ったと判断したことから、顧客と協議しながら生産の終了をするとした。

リンク
関連する用語
フロッピーディスク
3モード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic