通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 入力装置 > キーボード > キー > PC/AT独自のキー
ローマ字キー
辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:ろーまじキー
品詞:名詞

PC/AT互換機用の日本語キーボードにあるファンクションキーの一つ。

目次
概要

PC/AT互換機用日本語キーボードでは「カタカナひらがな・ローマ字キー」が対応し、通常はAltキーと共に押すことでローマ字キーとなる。

OADG仕様では、「OADG109キーボード」までは緑色で刻印されるのが通例だったが、現在主流の「OADG109Aキーボード」では他のキーと同じ色で刻印されている。

緑色で刻印されるのは、Altキーと同時に押して使うことを意味するものだった。

特徴

ローマ字に関する制御をするキーだが、その意味に付いては定義されていないようである。

Microsoft IMEでは、ローマ字入力JISかな入力のトグル切り替え機能が標準で設定されており、誤ってキー操作することで頻繁に「突然かな入力になった」という症状を引き起こしている。

リンク
用語の所属
キーボード
106キーボード
109キーボード
112キーボード
ファンクションキー
関連する用語
Altキー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic