通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 入力装置 > キーボード > キー > PC/AT独自のキー
前候補変換(次変換)・全候補キー
辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:ぜんこうほへんかん-じこうほ-ぜんこうほ-キー
品詞:名詞

PC/AT互換機用の日本語キーボードにあるファンクションキーの一つ。

JIS X 4064:2002「仮名漢字変換システムの基本機能」付属書2付図1「OADG109A型キーボードのキー配列」で定義されている。

目次
概要

キートップに黒で、「前候補変換(次変換)」と書かれている。

キーサイドに緑で、「全候補」と書かれている。

このキーは、OADG仕様における「OADG109キーボード」まで存在したが、「OADG109Aキーボード」では「変換キー」に置き換わっている。

特徴

スペースキーの右隣に配置されている。

そのまま押せば、前候補変換(次変換)キーとしての機能が想定されている。

緑で書かれる全候補はAltキーと併用することを表わし、Altと共に押すことで全候補キーとして利用されることが想定されている。

PC-9800シリーズのキーボードでは、このキーは「XFERキー」に対応する。

リンク
用語の所属
キーボード
106キーボード
109キーボード
112キーボード
OADG109Aキーボード
ファンクションキー
関連する用語
変換キー
無変換キー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic