通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 関連用語
物理フォーマット
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ぶつりフォーマット
品詞:さ変名詞

ディスク媒体に対するフォーマットのうち、トラックセクターの配置などを行なうもの。ローレベルフォーマットとも。

目次
概要

ディスクは、セクターという単位でデータが管理されるのが通例である。このセクターをどの位置に配置するかを決めるのが、この物理フォーマットである。

ディスクドライブを最初に使用する場合、まず物理フォーマットをしたのち、使用するOSに対応した論理フォーマットを行なう。

特徴

媒体によってその仕様は大きく変わってくることになる。

例えばフロッピーディスクの場合は同心円状に記録するが、その一周をトラックとし、1.44Miバイト2HDでは片面で80トラック作る。この各トラックに512バイトのセクターを18個配置する。

リンク
関連する用語
フォーマット
論理フォーマット
ディスク
メディア

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic