通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様
生存期間
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング用語編 (PTPROGY)
読み:せいぞんきかん
外語:lifetime
品詞:名詞

(オブジェクトやデータなどが)生成されてから消滅するまでの期間。

目次
概要

一般には、生物などが誕生してから死に至るまでの期間を生存期間というが、プログラミング言語などでは、オブジェクトを生物にたとえ、このように呼ぶことがある。

プログラムでは、何らかの方法で作られたオブジェクトは、使用後には何らかの方法で削除しなければならない。削除せず残ると、それはメモリーリークというバグの原因となる。この、作られてから消えるまでの期間が、オブジェクトにとっての生存期間である。

特徴

削除は、手動で実施する方法と自動で実施される方法とがあり、C/C++では双方可能で、Javaでは自動で実施される方法(ガベージコレクション)のみが可能である。

自動で削除される場合、変数などの寿命はスコープによって決まり、スコープはブロックによって決定される。ブロックは、関数(メソッド)単位のこともあれば、その中に作られたローカルなブロックのこともある。

リンク
関連する用語
スコープ
ブロック (範囲)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic