通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > 開発企業・団体
統合アーカイバプロジェクト
辞書:電算用語の基礎知識 技術団体編 (TYORGR)
読み:とうごうアーカイバプロジェクト
外語:Common Archivers Library Project
品詞:団体組織名

かつて、NIFTY-SERVE FWINDC MES#3で行なわれていた、アーカイバーAPIの統合仕様に準拠したアーカイバーライブラリ(DLL)を開発するプロジェクト。

目次
概要

LZH形式をはじめとする、各種のアーカイバーに対応したMicrosoft Windows用DLLの開発と、そのAPI(呼び出し手順)の検討を行なっている。

異なるアーカイバーでもAPIを可能な限り統一し、アプリケーションから容易にアーカイブファイルの操作を可能にすることを目的とした。

特徴
プロジェクト

このプロジェクトのおかげで、さまざまなアプリケーションが比較的短期間に複数のアーカイブ形式に対応することが可能となっており、またアーカイブや圧縮などの技術・知識を持たないプログラマーでも十分に高性能なアプリケーションを開発することができている。

このため、開発期間の大部分をユーザーインターフェイスの充実に絞った優秀なアプリが多数生まれることとなった。

このプロジェクト名称は庄田隆司(shoda.T)が仮に名付けたもので、特に正式な名称であると定義付けられたものではない。しかし、事実上ユーザーに認められたプロジェクトであるといえる。

既知のアーカイバ

公式サイトに記載される、既知のアーカイバーライブラリは次の通り。

その他のアーカイバ

公認以外にも、統合アーカイバプロジェクトAPI互換のDLLがある。

例えば庄田隆司作の公式「UNZIP32.DLL」は、フリーソフトウェアを公称していながら実はフリーではなく、企業や営利目的で使用する場合は有償でのライセンスの取得を要求している。

ZIPの圧縮解凍に7-ZIP32.DLLを使えば良いが、対応していないアプリケーションもある。そこで「偽UnZip32.DLL」というライセンスフリーなフリーソフトが作られた。

リンク
関連するリンク
統合アーカイバプロジェクト
偽UnZip32.DLL
用語の所属
アーカイバー
関連する用語
API
プログラマー
ファイル
圧縮ソフトウェア

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic