通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 関連用語 >
2Tiバイトの壁
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・応用編 (TTDISKA)
読み:にテビバイトのかべ
外語:2TiB wall
品詞:名詞

PC/AT互換機マスターブートレコードSCSI装置などにある

目次
概要

32ビットでセクター番号を指定する実装では、2Tiバイトまでしか扱えないという制限がある。これが2Tiバイトの壁である。

テビ(Ti)とは、テラに代わるバイナリ接頭語である。かつての表現法では「2Tバイトの壁」となるが、Ti表現に移行することが望ましい。

特徴
壁の技術的内容

セクター番号が32ビットの場合、512バイト/セクターでは、512バイト/セクター×232セクター迄しか扱うことができない。

都合、約2.2Tバイト(2Tiバイト)までが上限となる。

壁の突破

マスターブートレコード

マスターブートレコードの情報は32ビットであるため、この壁が存在する。

この壁はGPT(GUIDパーティションテーブル)によって超えた。

但し、OS側の対応が必要であり、Microsoft Windowsの場合、対応はWindows Vista以降である。


SCSI

SCSIは32ビットでセクターを指定するため、この壁が存在する。

この壁は、16バイトコマンド記述子ブロック(CDB)の実装によって超えた。

リンク
用語の所属

関連する用語
マスターブートレコード
SCSI

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic