通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > 関連用語 > 属性・情報
GUIDパーティションテーブル
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ジーユーアイディー-パーティションテーブル
外語:GPT: GUID partition table
品詞:名詞

マスターブートレコード(MBR)の置き換えとなる、新しいパーティション管理方法。略称「GPT」。

目次
概要
由来

GPTは、IntelIA-64用に提唱した、従来のBIOSに代わる新しい、オペレーティングシステム(OS)とファームウェアのインターフェイス仕様UEFIのうちの一部である。

従来のMBRには2Tiバイトの壁が存在したことから、代わってこちらが使われるようになった。

GPTは公開仕様であるため、OSを問わず利用できる。パーティションの操作の際、OSが異なることに起因する不具合は原則としてないはずである。但し、パーティション内に作られるファイルシステムは、OS間で互換性はない。これは従来と同様である。

機能

GPTによって実現できる主要な機能は次の通りである。

環境

GPTのボリュームに対応するOSは増えつつある。しかし、古い設計のOSでは、GPTのボリュームをデータボリュームとして利用することはできても、このボリュームからOSを起動することが出来ない等の制限がある。

IA-64用に設計されたOSは、原則として完全に対応している(さもなくばOSが起動できないため)。例えば、IA-64プラットフォームやIntel Macでは、MBRディスクからは起動できない。しかし、そうでないOSでは、対応はまだ限定的である。これが、従来のMBRと比較したときの弱点といえる。

また、利用に際しては大容量ドライブに対応したファイルシステムも必要である。

特徴
16バイトCDB

現在のMicrosoft Windowsでは、ストレージは全て、内部ではSCSIとして扱われている。

このため、更にOSが、64ビットアドレス指定に対応している16バイトコマンド記述子ブロック(CDB)を実装している必要がある。

なお、現時点でCDBは、6、10、12、16バイトの4種類がある。

対応状況

未対応OS

完全未対応が決定しているもの。


対応OS

GPTに対応し、なおかつ必要ならば16バイトCDBを実装したもの。特に注記の無いものは完全対応(一部予測含む)。

リンク
用語の所属
パーティションスキーム
UEFI
関連する用語
マスターブートレコード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic