通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 関連用語
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > テープ > 採用技術
ATOMM
辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:アトム
外語:ATOMM: Advanced super Thin layer & high Output Metal Media
品詞:名詞

富士写真フイルムの開発した、磁性体の塗布技術の一つ。

目次
概要

メタルテープや、Zipなど、高密度記録メタル媒体で使われている。

超薄層のメタル磁性体と、超微粒子の非磁性層の二層を同時重層塗布する技術である。これにより、従来の単層テープでは磁性層が2μm〜5μm程度であったのに対し、ATOMM技術では0.1μm〜0.5μmにまで薄くできるようになった。

特徴

磁気媒体の記録密度を高めるには、磁性層を薄くする必要がある。

従来の磁性体は、ベースの上に酸化鉄磁性層が塗布されていたが、この技術ではベースの上にチタンファインの非磁性層を設け、その上に超薄層メタル磁性体を塗布することで、媒体に従来並の「厚み」を持たせつつ、磁性層のみを薄くすることに成功した。

この技術の後継に、「ATOMM-II」がある。磁性層は0.2μmで、磁性体の高性能化によりいっそうの高出力、高C/N比、低エラーレート特性を達成した、としている。

リンク
関連する用語
メディア
テープ
ダイアモンドライクカーボン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic