通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > テープ
テープ
辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:テープ
外語:tape
品詞:名詞

帯状のもの。電子計算機では、古くから帯に情報を記録してきており、代表的な補助記憶媒体である。

目次
概要

現在、電子計算機で使うテープというと、磁性層が塗布ないし蒸着された帯状の記録媒体であり、これを磁気テープという。

価格が比較的安く、記録時間も長めに確保できる(記録容量が多い)ため、主としてバックアップ用途で広く使われている。

テープそのものは媒体であり、この媒体に読み書きするための装置が別途必要で、これをテープドライブという。

特徴
紙テープ

最古のものは、ただの紙テープに穴を空け、ビット情報を記録し、それを光学的に読み出すものであった。穴の有無がビット情報の0と1に対応する。

穴を空けて使うため「穿孔テープ」と呼ばれるが、もはや殆ど使われておらず、現在では博物館にでも行かないと見ることができない。

オープンリール

古の電子計算機でよく使われたのが、リールに巻き取られた磁気テープに記録する「オープンリール磁気テープ」であった。

これは、映画フィルムのリールと、見た目はほぼ同じものである。違いは、フィルムと違って色が全体的に黒または茶色となっている。

カセットテープ

8ビットマイクロプロセッサー(8ビットCPU)が主流のパーソナルコンピューターでは、安価に市販されていた音楽用のコンパクトカセット(いわゆるカセットテープ)が使われた。

読み書きする装置は一般のカセットテープレコーダーそのものであるが、これを「データレコーダー」または「CMT」と呼んだ。

モノラルで300bps、600bps、1200bps、2400bps程度のものがよく使われていた。1200bpsであれば、秒間1200ビット、つまり150オクテットを読み書きできた。理論上、1分間で9Kオクテット、10分テープを使えば理論上最大90Kオクテットが記録できた。

8ビットCPUでは、アドレスバス16ビット程度が一般的で、最大でも64Kiバイトまでしか扱えなかったので、テープでソフトウェアを提供する場合によく10分テープが使われた。

コンピューター用

磁気テープは、コンピューター(電子計算機)用の記録媒体としても使われている。

QICAITDLTTravanLTO Ultriumといったデータ専用に設計されたものが使われているが、時代の変遷が比較的激しい。

また昔のカセットテープ同様にDATをデータ用にしたDDS、ビデオテープであるHi-8をデータ用にしたD8フォーマットといったものも使われたことがある。

中には、VHSテープを利用したものもあった。

リンク
関連する用語
磁気テープ
穿孔テープ
コンパクトカセット
オープンリール磁気テープ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic