通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > テープ > 磁気テープ > DDS
DDS
辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:ディーディーエス
外語:DDS: Digital Data Storage
品詞:名詞

民生用オーディオ機器であるDAT用の4mm幅テープメディアを使いディジタルデータを記録するもの。

1987(昭和62)年にソニーHPにより提唱され、主としてバックアップ用途に用いられている。S-DAT形式の回転ヘッドドライブを利用している。

目次
概要

メディアの形状は音楽用DATと変わらないため、そのままDATと呼ばれる事もある。DDS用のテープは小刻みに停止や走行を繰り返したりするため、オーディオ用DATよりテープが丈夫に出来ている(と言われている)。

DDS-1テープはPET、DDS2以降はアラミドをベース材に利用している。

DDS-1
DDS-1

DDS-3 ケース
DDS-3 ケース

特徴
信頼性

個人向けのテープとしては比較的良い線を行っていると考えられるが、DDSはよくテープ巻き込むため、あまり信頼されていない。

また、読み書き回数の上限は、公称で1000回程度である。

企業用途では、速度面ではともかく、DDSの選択は有り得ないと考えられている。あってもシステムバックアップ程度の用途とされる。

仕様

仕様はISOEcma Internationalにより規定されており、その中には圧縮アルゴリズムのDCLZ、圧縮フォーマットのDDS-DCなども含まれている。

DDSドライブ
DDSドライブ

容量

最も古い規格では60mテープで1.3Gバイト、90mテープで2Gバイトの容量があったが、バックアップメディアとしては容量が少ない。

DDS-2規格では120mテープで4Gバイトまでの記録が可能になったが、記録密度的には大きく変わっていなかった。

DDS-3規格ではPRML(Partial Response Maximum Likelihood)と呼ばれる高密度技術を利用して、125m長のテープで24Gバイトの記録を可能とした。

DDSの一覧
タイプテープ長容量
無圧縮圧縮
DDS-160m1.3GB2.6GB
90m2.0GB4.0GB
DDS-2120m4.0GB8.0GB
DDS-3125m12.0GB24.0GB
DDS-4150m20.0GB40.0GB
リンク
関連するリンク
http://www.sony.co.jp/Products/Media/DataMedia/products/DDS/
用語の所属
磁気テープ
関連する用語
DAT
ISO
Ecma International
D8フォーマット

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic