通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 製品(商品名・型番) > スーパーコンピューター
Blue Gene/L
辞書:電算用語の基礎知識 計算機固有名詞編 (TCPROD)
読み:ブルージーン-エル
外語:Blue Gene/L
品詞:固有名詞

IBMの開発したスーパーコンピューター。ローレンス・リバモア国立研究所に設置され、地下核実験の代替として核兵器の実験シミュレーションなどを行なうことを主たる目的としている。

目次
世界最速

このスパコンは2004(平成16)年11月9日に発表されたスーパーコンピューターの演算性能世界ランキングTOP500で第一位、世界最速にランキングされた。

以降、拡張と高速化を続け、2007(平成19)年6月27日発表のTOP500で4年連続の世界最速をマークしている。

仕様
基本情報
特徴

Blue Gene/Lは700MHzで駆動するPowerPC 440が最大131,072個集積された密結合タイプのクラスターコンピューターである。OSは「CNK/SLES 9」とされている。

一つのチップに二つのプロセッサーとキャッシュメモリーが搭載され(つまりデュアルコア)、このチップ2つとメモリーが一枚のカードに搭載される。このカード16個が一つのノードボードに搭載され、これが32枚収納されたキャビネットが一つの単位となる。つまり1キャビネットで2,048プロセッサーである。

性能

2004(平成16)年11月4日に世界最速を達成したシステムでは、1システム16キャビネット、集積プロセッサー数32,768で、実運用で70.720TFLOPSを達成した。但しこれは開発中段階で、最終構成の4分の1の規模である。

最終構成では1システム64キャビネット、集積プロセッサー数131,072となり、2007(平成19)年現在、世界最速の座にある。

燃費は不明だが、2004(平成16)年時点での報道ではそれまで世界最速だった国産のスパコン地球シミュレータの9倍の速度を、消費電力7分の1、床面積14分の1で達成する見込み、とされていた。

リンク
所属する技術
スーパーコンピューター
採用した技術
PowerPC
関連する技術用語
TFLOPS
地球シミュレータ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic