通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > 関連用語
Cドライブ
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:スィー-ドライブ
外語:C drive
品詞:名詞

ドライブレターがC:となるドライブのこと。一般に起動用ハードディスクドライブである。

目次
概要

CP/Mに端を発し、MS-DOS、そしてWindowsと受け継がれてきたものがドライブレターである。

古くDOSの時代はフロッピーディスクドライブ(FDD)と呼ばれる媒体が使われており、PC/AT互換機では2台ぶんをA:とB:で予約し、ハードディスクドライブはC:以降から割り当てた。

FDDが廃れた現在でもA:やB:はあまり使われず、C:から順番に割り当てるのが一般化している。

なお、NECのPC-9800シリーズ及びその互換機用MS-DOSでは起動ディスクにA:が割り当てられるのが一般的だった。

特徴
パーティションとの関係

一つのハードディスクドライブを複数のパーティションに分けることが可能で、その場合は各パーティションごとにドライブレターが割り当てられる。

自動的に割り当てられる場合、パーティションの1番目から順番に割り当てられることになるが、MS-DOSやWindowsと無関係のパーティションがあった場合はドライブレターの割り当てから飛ばされる。

従って、一つのドライブに複数のOSが存在する環境で、1番目のパーティションにLinuxなど、2番目のパーティションにWindowsが入っていたとすると、Windowsから見た時は2番目のパーティションがCドライブということになる。

使われかた

OSがインストールされるドライブであるため、OSに関する様々なファイルが置かれている。

MS-DOSの時代は、OS自体がディレクトリ機能を活用していなかったため、システムファイルの類は全てルートディレクトリに置かれていた。

Windowsでは、各ユーザーごとの情報置き場も用意されており、各ユーザー用の「デスクトップ」や「マイ ドキュメント」用のフォルダーが用意されている。元々マルチユーザーOSだったUNIXなどとはことなり、WindowsはシングルユーザーOSが基でマルチユーザーは後からの拡張であるため、やや不自然な機構となっている。

リンク
関連する用語
ドライブレター
ルートディレクトリ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic