通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > 関連用語
ドライブレター
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ドライブレター
外語:drive letter
品詞:名詞

ドライブ名を表わす文字のこと。

目次
概要

大抵のオペレーティングシステム(OS)では、複数台のディスクドライブに対応している。

その場合の各ドライブの扱い方はOSごとに様々であるが、CP/M、そしてその全ての派生(MSX-DOSMS-DOSMicrosoft Windowsなど)で使われている方式が、このドライブレターである。

原則としてA〜Zの英字を使い、これで各ドライブを識別する。大文字小文字は同一視される。

特徴
割り当て

PC/AT互換機なら、A:〜B:がフロッピーディスクドライブになり、C:〜Z:がハードディスクドライブCD-ROMなどのドライブになる。

つまりハードディスクはCドライブ(C:)から順番に割り当てられていくことになる。

ドライブレターは順番に割り当てられることが多いが、間が空いていてもよい。CD-ROMが登場した当時は、これを「Qドライブ」とすることが多くあった。

パーティションとの関係

一つのハードディスクドライブを複数のパーティションに分けることが可能で、その場合は各パーティションごとにドライブレターが割り当てられる。

今ほどディスクの容量が多くなかったMS-DOS全盛の時代でも、一つのハードディスクドライブを2個程度のパーティションに分けることはよく行なわれており、OS用とデータ用とする運用がなされていた。

仮想ドライブ

MS-DOSやWindowsでは、ドライブがマウントされた時点でドライブレターが割り当てられる。

その他に、MS-DOSならsubstコマンド、Windowsではネットワークドライブを割り当てる機能などでパスをドライブ名に関連付けたり、更に発展してネットワークに接続されたマシンのディレクトリをドライブとして扱う、仮想ドライブ機能も用意されている。

リンク
関連する用語
ドライブ
絶対パス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic