通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 光ディスク > 関連用語
CLV
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:スィーエルヴィー
外語:CLV: Constant Liner Velocity
品詞:名詞

ディスクドライブの回転制御方式の一つ。線速度一定。

目次
概要

外周も内周も、記録密度がほぼ等しく記録されているものをいう。

つまり、単位時間あたりに記録される情報量(トラックの長さ)が一定になるように制御される。

特徴

単位時間あたりに読み書きするトラック長が一定になるよう、回転数が制御される。

従って、媒体の内周ほど回転速度が速くなり、外周に行くほど回転速度は遅くなる。

ディスクの回転速度を変えねばならないため、回転速度が一定であるCAVよりもアクセス速度は遅くなるが、一枚あたりの記録容量は向上し、同じ技術水準のディスクであってもCAVより、より多くの情報を記録することができる。

リンク
用語の所属
ディスク
関連する用語
CAV

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic