通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 入力装置 > キーボード > キー
CapsLockキー
辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:キャップス-ロックキー
外語:CapsLock key
品詞:固有名詞

ファンクションキーの一つ。アルファベットの大文字を入力するためのロックキー。「Caps Lock」「CAPS」「CAPSLOCK」「caps lock」などと書かれたキーをいう。

目次
概要

機械式タイプライターのシフトロックと同等の機能を有するキーである。現在コンピューター用キーボードで一般的な配置はShiftキーの上だが、これはタイプライターのシフトロックキーと同じ位置である。

環境によって動作は様々あり、機械式タイプライターと同様にShiftキーを押しっぱなしにした状態を維持するものと、英字のみ大文字にするものとがある。

現在主流となっているPC/AT互換機では、英字のみ大文字にする動作が一般的である。

CapsLockのCapsの語源はCapital letters(=大文字)に由来するとする説がある。

特徴
機種ごとの名称
押し方

PC/AT互換機の日本語キーボードの場合「CapsLock英数・漢字番号キー」が該当するが、これだけ押しても効果がない。Shiftキーと同時に押して、始めて有効である。

その他の電子計算機では、単に押せば有効となるものが多いようである。それどころか、ソフト的な処理ではなく、いったん押すと物理的にロックがかかり、もう一度押すと元に戻るような、メカニカルな機構によるCapsLockをキーボードに採用した機種も存在した。

場所

PC-9800シリーズのキーボードでは、Shiftの下にある。

一方、PC/AT互換機の日本語キーボードでは、Shiftの上にある。このためPC-9801キーボードに慣れた人の中には、設定を変更し、CtrlとCapsLockを入れ換えて使う人もいる。

リンク
用語の所属
キーボード
ファンクションキー
ロックキー
関連する用語
CapsLock英数・漢字番号キー
CapsLock英数キー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic