通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 入出力装置 > 入力装置 > キーボード > キー
Shiftキー
辞書:電算用語の基礎知識 計算機入力装置編 (TCPERII)
読み:シフトキー
外語:Shift key
品詞:固有名詞

ファンクションキーの一つ。他のキーと用いることで、入力する文字を切り替え(シフト)できる修飾キー。「Shift」「↑Shift」「SHIFT」「shift」などと書かれたキーをいう。

目次
概要

タイプライターやコンピューター用キーボードに存在し、アルファベットの大文字や記号類を入力するのに用いられる。

Shiftという名称は、初期の英文タイプライターで打刻する文字盤をずらす(シフトする)キーだったためだが、後に機械的構造が変化してシフト方式でなくなっても、キーの名称だけはShiftキーとして残った。

よく使われるキーであるため左右にあるが、右Shiftキーはあまり使われていないキーとして知られる。

特徴
機種ごとの名称
主な動作

コンピューター用キーボードのメインキーで、キートップの左上と左下にそれぞれ文字があるキーは、そのままキーを押すと左下、Shiftキーと共に押すと左上の文字が入力される。左上にしか文字のない英字キーは、そのままキーを押すと小文字、Shiftキーと共に押すと大文字となる。

また、CtrlキーAltキーと同様、各種ファンクションキーの修飾にも使われる。Windowsの場合、F3キーが検索機能で、F3を押すたびに順検索を実施するが、Shiftキー+F3は逆検索を実施する実装が多い。

Windows 7などでは、Shiftキーを押しながらタスク バーのアイコンをクリックすると、当該アプリケーションの新しいウィンドウを開く。

Webブラウザーでも、Shiftキーを押しながらリンクをクリックすると、新しいウィンドウで開くものが多い。

リンク
用語の所属
キーボード
ファンクションキー
修飾キー
関連する用語
Ctrlキー
Altキー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic