通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > 画像チップ/解像度 > PC/AT関係
DCGA
辞書:電算用語の基礎知識 計算機出力装置編 (TCPERIO)
読み:ディースィージーエイ
外語:DCGA: Double scan CGA
品詞:名詞

かつて、東芝のパソコン製品で使用されたグラフィックス機能の規格。及び、この画面の画素数(画面解像度)に対する通称。

目次
機能

640×400ピクセルで16色表示が可能。つまり、PC-9800シリーズのグラフィック機能と同等である。

特徴

CGAと呼ばれるIBM PC/XTのグラフィック機能の独自拡張である。

いわゆる「DOS/V以前の独自規格」の一種であり、DOS/VやWindows 3.1で利用できた。

J-3100シリーズや、ノートパソコンDynaBookなどで使われている。

リンク
用語の所属
画面解像度
グラフィック
関連する技術
J-3100
DynaBook
関連用語
CGA
PC-9800シリーズ
東芝

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic