通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Unix > BSD
DragonFly BSD
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:ドラゴンフライ-ビーエスディー
外語:DragonFly BSD
品詞:固有名詞

FreeBSD 4.8をベースとしたオープンソースBSDの一つ。DragonFlyはトンボ(蜻蛉)の意。

目次
情報
概要

2003(平成15)年に、Matthew Dillonが中心となり、FreeBSD 4.xから分岐して開発が開始された。

FreeBSDと違う方針なのはもちろん、Linuxはじめ他のオペレーティングシステム(OS)とも違う、独自の道を歩んでいる。

アプリケーションソフトのインストールには、当初はFreeBSDと同じportsが使われていたが、後にNetBSDから移植されたpkgsrcが採用されている。

特徴
開発内容

開始から2007(平成19)年までは、カーネルの書き換え、特にファイルシステムAPIとカーネルコアの書き換えに注力された。

次に着手されたのが、ZFSに類似したファイルシステムであるHAMMERファイルシステムの開発である。HAMMERは、現在のDragonFly BSDを特徴づける存在である。

マルチプロセッサー対応

DragonFlyはFreeBSD 4.8から派生した。

これは、FreeBSD 5で採用されたマルチプロセッサー対応とは異なるアプローチでのマルチプロセッサー対応を目指したためである。このためのカーネルなどの改良が続けられている。

DragonFly BSDにおけるマルチプロセッサー対応は、CPUのキャッシュの存在を強く意識したものとなっている。一つのスレッドと一つのCPUコアを強く結びつけることでCPUコア間を無造作に移動することを避け、もってキャッシュヒット率を高めたスレッド処理を実現するよう設計されている。

GCC

他のBSDがGPLv3拒絶姿勢を示しながらGPLv2のGCC 4.2.1を維持しつつclang/LLVM開発に注力した中で、DragonFly BSDはGPLv3の新しいGCCを採用した。DragonFly BSD 2.10からGCC 4.4が、DragonFly BSD 3.4からはGCC 4.7が採用されていた。

clang/LLVMは、実用化されたのみならず性能でもGCCを軽々と追い抜いたことから、DragonFly BSDでも、DragonFly BSD 3.8からはclang/LLVMに移行することが発表されている。

一覧表
各版の特徴
主要リリース版

原則としてstable releaseのみを記載。日付は主として現地時間(PSTまたはPDT)。

最近の版の更新履歴

日付は、原則としてアナウンスを発した現地時間における、アナウンス発表日である。


DragonFly BSD 2

DragonFly BSD 2.4.0 (2009(平成21)年9月16日)

DragonFly BSD 2.2.0 (2009(平成21)年2月17日)

DragonFly BSD 2.0.0 (2008(平成20)年7月21日)

DragonFly BSD 1

DragonFly BSD 1.10.0 (2007(平成19)年8月6日)

DragonFly BSD 1.8.0 (2009(平成21)年9月16日)

DragonFly BSD 1.6.0 (2006(平成18)年7月24日)

DragonFly BSD 1.4.0 (2006(平成18)年1月8日)

DragonFly BSD 1.2.0 (2005(平成17)年4月8日)
リンク
関連するリンク
http://www.dragonflybsd.org/
用語の所属
BSD
UNIX
PC UNIX
関連する用語
FreeBSD
OpenBSD
NetBSD
マジカルとこちゃん

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic