通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > データ型・構造体 > 独自のデータ型・構造体
HINSTANCE
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ハンドル-インスタンス
外語:HINSTANCE: Handle Instance
品詞:名詞

Microsoft WindowsAPIなどに使われている、Windows用Cの変数型の一つ。

目次
用途

インスタンスハンドルを表わすのに用いる。

例えば、WinMain関数の一番目と二番目の引数はHINSTANCE型である。

特徴
定義

かつては、間接的にvoid *で定義されていた。

typedef void *PVOID;

typedef PVOID HANDLE;

typedef HANDLE HINSTANCE;

しかし、HANDLE型と同様に現在のコンパイラーでは工夫が凝らされていて未使用の数値を内容に持つ構造体へのポインターであり、Windowsにおいては他のハンドルもまた同様の扱いとなっている。

Microsoft Visual C++ 2003環境では、HINSTANCE型として、windef.hで次のように定義される。

DECLARE_HANDLE (HINSTANCE)

DECLARE_HANDLEはマクロであり、winnt.hで、次のように定義されている。

#define DECLARE_HANDLE(name) struct name##__ { int unused; }; typedef struct name##__ *name

nameにHINSTANCEを代入し、このマクロを展開すると、次のようになる。

#define struct HINSTANCE__ { int unused; }; typedef struct HINSTANCE__ *HINSTANCE

つまり、int型の変数unused(未使用の意)を持った構造体へのポインター変数を定義する構造となっている。こうすることで、型の異なるハンドル同士の代入を防止している。

ポインター

Win16での正体は定かではないが、Win32/Win64では、インスタンスハンドルはポインターである。より具体的には、モジュールのベースアドレスを指すポインターそのものである。

ポインターと言っても、それはOS内部の情報であるため、プログラマーが参照することは許されていない。アプリケーションは、各インスタンスを区別する目的のため、ポインターのみを利用することになる。

プログラマーに、ポインターであることを意識させずに済ませられるよう、HINSTANCEという専用の型を用意しているとも言える。

リンク
関連する用語
HANDLE
構造体
HWND

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic