通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > オフィススイート
Microsoft Office
辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ一般編 (PNAPLLI)
読み:マイクロソフト-オフィス
外語:Microsoft Office
品詞:商品名

Microsoftの開発・販売するオフィススイート

目次
概要

主に、次のような製品で構成されている。

その他、以下のようなソフトウェアもある。

かつては、以下のようなソフトウェアもあった。

他にも様々な関連ソフトウェアが提供されている/いた。

特徴
情勢

バージョンごとに微妙に製品名が違ったり、ユーザーインターフェイスががらりと変わって企業から嫌われたりしているが、Windows開発元のMicrosoft製ということもあり、事実上の標準となって世界中に蔓延した。しかし、Microsoft Outlookのような有害性の強い公害ソフトも含まれている。

性能は段違いだが、それでもフリーのオフィススイートとしてOpenOffice.orgLibreOfficeなどが登場してきて着々とシェアを伸ばしている。

対ライバル

これらフリーソフトウェアは「OpenDocument Format」という公開されたフォーマットを採用した。

また日本では2007(平成19)年、総務省が「情報システムに係る政府調達の基本指針」を公表し、政府は仕様が公開されたものを優先採用すると発表したことを受けて、Microsofは対抗として、これらとは非互換の類似対抗品を作り、これを採用した。

それがOffice Open XML Formatsであり、2007(平成19)年から採用された、いわゆる「.docx」や「.xlsx」などのファイル形式である。2013(平成25)年現在、日本のビジネスシーンの標準はOffice 2003だが、2003では.xlsxなどは開くことができないため、使用すると顰蹙を買う。

製品

5/6と13は欠番。

リンク
関連するリンク
Microsoft Office
用語の所属
オフィススイート
関連する用語
.xlsx

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic