通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Windows > Widnwos NT/2000/XP関連
Microsoft Windows 10
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:マイクロソフト-ウィンドウズ-テン
外語:Microsoft Windows 10
品詞:商品名

Windows 8およびWindows 8.1の後継として、パーソナルコンピューターおよびタブレットコンピューター用に開発されたMicrosoft Windows。開発コードネームは「Threshold」。

目次
概要
由来

不評だったWindows 8/8.1は更新が断念され、後継となる新バージョンとして開発されたオペレーティングシステム(OS)である。

Windows 8/8.1はタブレットでの使用を重視した過激なタッチ志向のインターフェイスを導入したばかりに不人気で、Windows XPサポート終了での乗り換え先がWindows 8ではなくWindows 7となってしまった。

Windows 10では、失敗作のWindows 8のインターフェイスを変更し、Windows 7風のインターフェイスを導入する。

当初はWindows 9が噂されていたが、実際のブランドバージョンは「10」となった。

テクニカルプレビュー版が2014(平成26)年10月1日(米国時間)に公開された。安定版は2015(平成27)年7月29日より順次リリースされた。新規インストール可能なリテール版は2015(平成27)年9月4日に発売されている。

更新

Windows 10発売後1年間は、Windows 7/8.1およびWindows Phone 8.1ユーザーに対し、Windows 10への無償アップグレードを提供する。

アプリケーション

Windows 10でも、アプリケーションの種類はWindows 8と同様である。

Windows 8から追加されたModern Windowsアプリケーションは、非フルスクリーンで従来アプリケーションと同様にデスクトップで利用することが可能となる。

バージョン

↓以降が製品版(TH=Thresholdの製品版のみ記載)

沿革

以下は今後の予定

エディション
特徴
チャーム

設定やスタート画面に戻るアイコンが並んだ「枠」をチャーム バーといい、ここに並んだいくつかのアイコンをチャームというらしい。

誰も自力では表示することのできなかったこのチャーム バーは廃止され、従来と同様のスタートメニューが復活する、とする説があった。確かにスタートメニューは復活したが、テクニカルプレビュー版にもチャームは存在する。

新機能
リンク
用語の所属
オペレーティングシステム
Microsoft Windows
関連する用語
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 8.1

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic