通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Windows > Widnwos NT/2000/XP関連
Microsoft Windows 8.1
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:マイクロソフト-ウィンドウズ-エイトポイントワン
外語:Microsoft Windows 8.1
品詞:商品名

Windows 8の後継。コードネームは「Windows Blue」。

目次
概要
由来

発表前、情報流出した「Windows Blue」(Build 9375)のスクリーンショットにより、「Windows 8.1」が予定されていることが判明した。その後、正式にWindows 8.1であることが発表された。

2013(平成25)年10月17日20:00(@499)から無償アップデートが公開され、パッケージ製品は2013(平成25)年10月18日に全世界で一斉に発売された。Windows 8ユーザーは無償でWindows 8.1にアップデート可能で、事実上のサービスパック相当といえる。

Windows 8は「Windows NT バージョン6.2」であるが、Windows 8.1は「Windows NT バージョン6.3」である。

バージョン
沿革
特徴
インストール要件

Windows 8.1のインストール要件は、Windows 8と同じである。

CPUについては、PAENXビット(XDビット)、SSE2に未対応のCPUには対応していない。つまり、Windows 8/8.1ではNXビット(XDビット)が必須である。

Windows 8.1 Update

Windows 8は失敗作であるためか、従来ならサービスパックで更新するところ、Windows 8.1 Updateでは正規の更新扱いとなっている。

Windows 8.1 Updateでも実用にはならないが、次のような点が改善されている。

機能

Startボタン

Windows 8ではStartボタンがなくなり、これが不評だった。

実際には、根本的に全てが不評なのだが、不評の最大原因がStartボタンと言うことにされた模様である。

Startボタンを無くすことにはそれなりのポリシーがあったはずだが、Windows 8.1では左下の方に復活した。しかしこれを押しても従来のようなメニューが出るわけではなく、気色の悪いWindows 8のスタート スクリーンに戻るだけである。

ユーザーが求めているものとは程遠いため「邪魔」とされ、「StartIsGone」という要らないStartボタンを消すツールもフリーソフトウェアとして登場している。


デスクトップUIで起動

邪魔なスタート画面を見ずに済むよう、直接デスクトップUIで起動できる機能が追加された。

これにより、Windows 7までと似たような感覚で利用できるようになる。

しかし、Startボタンを押したりWindowsキーを押しても、標準では従来のようなメニューは出ず、気色の悪いWindows 8のスタート スクリーンに戻ってしまう。

補足
シャットダウン方法

シャットダウンの方法は、Windows 8から変更はない。

Windowsキー+[I]で「設定」チャームを呼び出し、「電源」を選択する。

あまりにも面倒なので、シャットダウンするためのフリーソフトウェアなども作られ公開されている。

リンク
用語の所属
オペレーティングシステム
Microsoft Windows
関連する用語
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 10

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic