通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > 通信/交信 > ファイル交換・転送 > P2P系 > Gnutella系
Morpheus
辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:モーフュース
外語:Morpheus
品詞:商品名

StreamCast Networks(旧MusicCity)が提供する、FastTrackネットワークを利用するP2Pファイル共有ソフトウェアだったソフト。現在はライセンス上のトラブルのため、FastTrackネットワークから締め出されている。

訴訟などから衰退したNapster/OpenNapに代わる製品として、FastTrackの利用者増加に貢献したが、それも今は昔の話。2002(平成14)年2月26日にFastTrackの非互換のバージョンアップ(1.3→1.5)があり、この時にMorpheusは締め出されてしまった。

2002(平成14)年6月10日Gnutellaプロトコルを採用したMorpheus 1.9をリリースし、Gnutellaクローンとなった。AIM互換のIM機能なども搭載されている。そして2002(平成14)年8月19日には正式版となるMorpheus 2.0がリリースされた。そして、その後何度かのバージョンアップを繰り返したが、当然にして人気は低落の一途であった。

Morpheus 4からは、KazaaiMeshGrokster、eDonkey、Overnet、Gnutella、LimeWire、G2など、他のP2Pクライアントのノードに直接接続する機能が搭載された。2004(平成16)年1月15日ベータ版が公開され、StreamCast対Kazaaの戦いは第二ラウンドへと突入することとなった。

Morpheus 4からは最大の敵Kazaaも含めた主要なネットワークを検索可能とすることで、再び首位に返り咲くことを狙っているとされる。同社CEOのマイケル・ワイス氏によると、P2PネットワークにおけるGoogleを目指す、とのことである。しかし接続先に許可を取っていない点や、新規ユーザーが大量流入した際の問題などが指摘されている。

商品名Morpheusは、ギリシャ神話の夢の神、モルペウスに由来するものと思われる。

リンク
関連するリンク
Morpheus
ソフトウェアの特徴
ファイル共有ソフトウェア
関連するネットワーク
FastTrack
Gnutella
関連するソフトウェア
Kazaa
iMesh
Grokster
関連する技術
Peer to Peer

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic