通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > 通信/交信 > ファイル交換・転送 > P2P系 > FastTrack系
FastTrack
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順上編 (CPINFO)
読み:ファストトラック
外語:FastTrack
品詞:固有名詞

P2Pファイル共有ネットワークの一つ。また、ここで使われるプロトコルの名前。

目次
概要

2001(平成13)年3月、ニクラス・ゼンストローム(Niklas Zennstro¨m)とヤヌス・フリス(Janus Friis)により開発された。

オランダ産まれのこの技術は、NapsterOpenNapが終焉を迎えようとしていた頃に誕生した。

特徴
技術

FastTrackはGnutellaの分散特性を取り入れ、その上でスーパーノードと呼ばれる新機能を搭載した。

スーパーノードは一時的なインデックスサーバーとして機能してP2Pネットワークの安定化に寄与するもので、高速なインターネット接続をしているユーザーがスーパーノードとなりうる。

クライアント

ファイル共有ソフトウェアKazaaGroksteriMeshの基盤となっている。かつてはMusicCityのMorpheus(現在はGnuttellaネットワークに接続)の基盤でもあった。

2002(平成14)年2月26日頃にFastTrackが1.3→1.5へとバージョンアップがあり、この時に認証機能が搭載された。1.3と1.5ではプロトコルが互換性で、KazaaとiMeshはバージョンアップしたがMorpheusはバージョンアップできなかったことから、認証できないユーザーが接続できなくなり、結果としてMorpheusは締め出しを食らったのである。

所有権

現在、FastTrackの所有権は複数の企業が持っている。

Kazaaソフトウェアの所有権はSharman Networks社に売却されたが、FastTrackプロトコルの統制権はKazaa BV社がそのまま保持した。

その後Kazaa BV社はBlastoise(事業者名はJoltid)社によりFastTrack技術をライセンスするようになった。

またKazaaに含まれるAltnetはBrilliant Digital Entertainment社の子会社Altnet社が保有している。

ここから、FastTrackは、Sharman Networks、AltNet、Joltidの合弁事業であるといえる。

リンク
用語の所属
Peer to Peer
関連する用語
Kazaa
iMesh
Grokster
Morpheus

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic