通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > エディター・編集 > テクスト
Mule
辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ文書編 (PNAPLLT)
読み:ミュール
外語:Mule: MULtilingual Enhancement to GNU Emacs
品詞:固有名詞

GNU Emacsから枝分かれしたテクストエディターで、Emacsenの一つ。

目次
概要

Emacsを拡張し、複数の言語を扱えるようにしたエディターで、経済産業省 産業技術総合研究所(旧 通商産業省 工業技術院)の電子技術総合研究所で開発された。

Muleは、内部でISO/IEC 2022に準拠した符号を用い、多数の言語を同時に扱う機能を実現させた。またISO/IEC 2022自体が柔軟な仕様であるため、拡張も容易である。

特徴

かつて日本語が使えるEmacsといえばMuleと相場が決まっていたが、バージョン20以降のGNU EmacsやXEmacsにはMuleの機能が取り込まれ、そのままでも多国語が利用可能となった。

但し右から左に書くような言語(ヘブライ語など)への対応はまだなので、そうした言語を利用するには、やはりMuleを使う必要がある。

リンク
関連するリンク
http://www.m17n.org/mule/Mule.ja.html
用語の所属
テクストエディター
Emacsen
関連する用語
Emacs
通商産業省
経済産業省
エスケープシーケンス
ISO/IEC 2022
Mew
gnus

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic