通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 制御
エスケープシーケンス
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:エスケープシーケンス
外語:escape sequence
品詞:名詞

エスケープコードと呼ばれる制御コードと、それに続く文字列により、様々な拡張機能を実現するもの。

目次
概要

エスケープコードは、ASCIIでは0/11(0x1b)を、EBCDICでは2/7(0x27)を使う。

エスケープコードに続いて、0文字以上の中間文字を含み、終端文字で終える。中間文字は一般に英数字以外の記号から始まり、終端文字は一般に英数字である。

機能
MS-DOS

MS-DOSなどでは、独自のエスケープシーケンスに対応し、コンソールで次のような機能に対応した。

多くの機種で対応したが、それぞれについて互換性がなく、挙動が異なることがあるので注意が必要である。

VT100

かつてのDECの端末装置VT100で使われていたエスケープシーケンスである。現在でもTELNETなど端末ソフトウェアで対応しており、UNIX互換システムでは標準として利用されている。

エスケープで始まり、必要に応じて引数や区切り(;)があり、最後に終了文字を置くことで機能する。

色の変更は、ESC [ … mという列で、例えば「ESC[0;31m」なら赤になる。0は修飾をクリアする機能で、0の代わりに1にすると太字の表現となるが、多くのVT100端末エミュレーターは太字にする代わりに明るく表示する。つまり「0;31」は暗い赤で、「1;31」は明るい赤になる。他に、下線、点滅、白黒反転などがある。

EBCDIC

EBCDIC/EBCDIK環境で、エスケープシーケンスの類いがどれ程使われている/いたのかは、定かではない。

EBCDICの日本語拡張にKEISJEFがあるが、EBCDIC字面と日本語字面の切り換えには、双方ともにエスケープシーケンスを使っていない。

KEISでは、1/10 4/1でEBCDIK→漢字モード、1/10 4/2で漢字モード→EBCDIKである。

JEFでは、2/8でEBCDIC→漢字モード、2/9で漢字モード→EBCDICである。

ISO/IEC 2022

ISO/IEC 2022では、文字列の途中で言語の切り換えを可能とするように、エスケープ拡張の方法を国際標準化した。

具体的には、「ESC + 0文字以上の中間文字 + 終端文字」という構成を必要回数実行し、7ビットまたは8ビットの範囲に必要な言語を指定して使用する。こうすることで、従来のASCIIと互換性を持たせながら、世界中の言語に対応できる。

リンク
用語の所属
制御コード
関連する用語
ISO/IEC 2022

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic