通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字符号(CES) > EBCDIC系
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > 文字符号(CES) > 日本語
JEF
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字符号編 (CTCHRE)
読み:ジェフ
外語:JEF: Japanese processing Extended Feature
品詞:固有名詞

富士通汎用機の一部で使われているEBCDIC日本語が扱えるようにした拡張仕様。

目次
概要

基本は、従来の汎用機で使われていたEBCDICで、制御コードで必要に応じて日本語の漢字面を切り替える。

1979(昭和54)年4月に富士通で開発された符号で、正式な名称を「富士通日本語情報システム」という。もって汎用機で英数字、カナ、漢字交じりの日本語処理を可能とした。

特徴
種類

基本の文字集合はEBCDICだが、日立のEBCDIKが使われることもあるようである。

漢字集合は、JIS C 6226-1978である「JEF78」と、JIS X 0208-1983である「JEF83」がある。

都合、次の四種類が存在しうる。

全角空白

全角シフト中の全角文字はEUC-JP相当なので、全角空白は0xa1 0xa1(a1a1)となるはずだが、実際には0x40 0x40(4040)で符号化される。

つまり、EBCDICの空白文字2個分として処理される。

仕様

KI/KO

具体的には、2/8で漢字モードに移行(KI)、2/9でEBCDICに復帰(KO)する。漢字はEUC-JP相当で符号化する。

二種類のモードを、符号で切り替える(KI/KO)だけのシンプルな実装である。

但し、KIには二種類があり、都合、次の三種類がKI/KOコードとして使われる。

通常は、0x28のKIを用いる。


KO(半角シフト中)

KI(全角シフト中)

JIS漢字・JIS非漢字については、JISコード(2121‐7e7e)に、0x8080を加算したものと一致する。

リンク
用語の所属
文字コード
富士通
汎用機
EBCDIC
関連する用語
JIS X 0208
EUC-JP
KEIS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic