通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > QUALCOMM
REX OS
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:レックス-オウエス
外語:REX OS: Real-Time Executive Operating System
品詞:商品名

QUALCOMMのベースバンドチップ上で動作するリアルタイムOS

目次
概要

MSMなどQUALCOMM製のチップセットで動作するOSである。

プロプライエタリーな製品であり、メーカーはQUALCOMMと契約することでソースやライブラリを得、対応機種を開発することが可能となる。

特徴
変遷

時代により構成に変遷はあるが、QUALCOMM製ベースバンドチップを使っている場合(マルチプロセッサー環境では、そのうちの何かしらのプロセッサー上で)、このREX OSが動作している。

ベースバンドチップのCPUはARMアーキテクチャであるので、複数あるARMのどれか一つ以上で稼動し、またQDSP6(VLIWアーキテクチャーのDSP)などでも動作している。

BREWの頃

BREWでは、ベースバンドチップ上でREX OSが動作し、その上でAMSSライブラリ(かつてのDMSS)が動作している。

この上で各メーカーがOEMレイヤーを開発し、その上でさらにBREWが動作するという階層構造を構築していた。

Linuxの頃

Linux(Android)時代のベースバンドチップは、パーソナルコンピューターのそれと同様、複数のプロセッサーが存在する環境である。

複数あるARMのうち最初に起動するARMと、QDSP6などでREX OSが動作している。Linuxが動作する、ScorpionKraitなどのARMではLinuxが動作するため、ここではREX OSは動作していない。

これら複数のプロセッサーは、おのおので異なるOSが動作していることになるが、ベースバンドチップからは、チップに接続された端末装置(TE)として扱われ、端末間のインターフェイスを用いることで相互に交信する事ができる。

リンク
用語の所属
オペレーティングシステム
リアルタイムオペレーティングシステム
関連する用語
MSM
AMSS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic