通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ファイル形式 > フォント・書体
TrueType
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:トゥルータイプ
外語:TrueType
品詞:固有名詞

アウトラインフォント(スケーラブルフォント)技術の一つ。

目次
概要

Apple Computerが設計しMicrosoftと共同で開発した。Adobe SystemsPostScriptに対抗する意図があった。

Mac OSのSystem 7(漢字TALK 7)と、Windows 3.1から採用された。

後継はOpenTypeで、PostScriptとTrueTypeを統一のファイル形式で扱えるようにした。

特徴
対応環境

元々はMac OSMicrosoft Windowsで使われるために開発されたが、広く普及したために多くのフォントが開発され、その資源は非常に大きなものとなった。

そこで前記の二環境以外の環境、例えばUNIXX Window Systemでも利用できるよう、VFlibX-TTといったソフトウェアが開発されている。

また国産OSとして有名なBTRON超漢字」もTrueTypeに対応している。

曲線

TrueTypeフォントは、ベジェ曲線で記述されているPostScriptフォントと違い、スプライン曲線で記述されている。そのためファイルあたりのサイズが2割ほど大きい。

また、Mac OSのQuickDrawはTrueTypeフォントを600dpiまでしかラスタライズできず、さらにPostScript変換にかかる演算が膨大なため、クリエイターや印刷会社からは嫌われている。

しかしMac OSがPostScriptフォントのレンダリングに対応せず、Microsoft WindowsやX Window Systemでも対応していない実状から、TrueTypeフォントが普及している。

仕様
基本仕様

主な仕様は次の通りである。

構造

TrueTypeフォントファイルは、テーブルディレクトリから始まる。

12オクテットのオフセットテーブルがあり、次いでオフセットテーブルに書かれた数のぶんだけテーブルディレクトリエントリーがある。

テーブルディレクトリエントリーは、各4オクテット構造で、タグ、チェックサム、オフセット、長さ、と続く。タグがテーブルの種類を表わす。ディレクトリエントリーは、タグの昇順でソートして格納されなければならない。

様々なテーブルがあるが、次が必須とされる。

TrueType 1.0 Revision 1.66時点で、次のオプションテーブルが定義されている。

cmap

基本的な種類

フォントファイル内に格納される字形はグリフといい、16ビットの一意の番号(グリフインデックス)で管理される。

実際に実用的に使うためには、グリフインデックスと一般の文字コードとの変換表が必要になるが、これがcmapである。複数の変換表を格納できるように、プラットフォームID、プラットフォーム特有符号化IDの二種類のIDで種類分け可能になっている。Microsoft Windowsの場合、次のようなものがある。最初の数字がプラットフォームID、プラットフォーム特有符号化IDである。

TrueTypeが出来た当時のUnicodeと現在のUnicodeには大きな違いが生じており、Unicodeも16ビットでは収まらなくなった。ID=1は16ビットが前提に作られたテーブルであるので対応できない。

BMP外の文字はID=10となるが、これはTrueTypeの仕様にはなく、後継OpenTypeでの拡張となっている。


異体字セレクター

Unicodeには更なる問題として、異体字セレクターというものが登場した。これに関する情報も、新たなcmapのテーブルに情報を加えることで対応することになった。

但しこれもTrueTypeの仕様にはなく、後継OpenTypeでの拡張となっている。

リンク
関連するリンク
Microsoft Typography - Features of TrueType and OpenType
用語の所属
アウトラインフォント
TT
関連する技術
OpenType
WIFE
PostScript
VFlib
X-TT
スプライン曲線
ベジェ曲線

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic