通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > メモリー > メモリーカード > SDメモリーカード
UHS-II
辞書:電算用語の基礎知識 計算機バス装置編 (TCPERIB)
読み:ユーエイチエス-トゥー
外語:UHS-II
品詞:固有名詞

SDメモリーカードで使われるインターフェイス仕様の一つ。最大312Mバイト/秒の転送速度を持つ。

目次
概要

SDメモリーカードVer 4.00仕様で導入され、SDHCSDXCで採用されている。

156Mバイト/秒と312Mバイト/秒の転送速度が定義されている。

特徴
ピン

通常のサイズは計17ピン、microSDサイズは計16ピンである。

そもそもSDメモリーカード自体、マルチメディアカード(7ピン)に強引に2ピン追加して9ピンとしたものが由来だった。

UHS-IIでは、UHS-Iの約3倍の高速化のためにピン数を増やす必要があり、遂にピンは二段となった。

追加ピンは8ピンで、通常のサイズとmicroSDサイズ共に、同じピン数が追加されている。

配置

通常サイズも、microも、新しい端子はカードの中央に付けられている。

従来/UHS-I
従来/UHS-I

UHS-II
UHS-II

リンク
用語の所属
SDメモリーカード
UHS
関連する用語
SDHC
SDXC
UHS-I

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic