通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > メモリー > メモリーカード > MMC
マルチメディアカード
辞書:電算用語の基礎知識 計算機記憶装置編 (TCPERIS)
読み:マルチメディアカード
外語:MMC: Multi Media Card
品詞:固有名詞

1997(平成9)年にSiemensが考案しSanDiskと共同で開発し提唱したメモリーカード規格。略称はMMC。

目次
概要
状況

デジタルカメラディジタルビデオシリコンオーディオ機器などで採用されていた。

SDメモリーカード登場以降はほぼ消滅状態にあるが、eMMCとして、スマートフォンなどの基板上のインターフェイスとして今もなお現役である。

規格団体

1998(平成10)年から日立製作所MotorolaNECNokiaと共同でMMCA(Multi Media Card Association)を設立して仕様を策定し、普及を図った。

種類

マルチメディアカードのシリーズには、次のものがある。

特徴

セキュアMMC
セキュアMMC

寸法

標準のサイズは幅24mm×長さ32mm×厚み1.4mm。約1.5g。

容量

仕様上では最大512Miバイトまで対応可能。

IF

最大転送速度20Mバイト/秒。インターフェイスはシンプルなシリアルバスインターフェイス

バスはマルチデバイス対応で最大30枚までのカードを接続することができ、またメモリーカード以外の各種I/OデバイスをサポートするSPI(Serial Peripheral Interface)プロトコルが規定されている。

リンク
用語の所属
メモリーカード
関連する用語
フラッシュメモリー
ROS
SDメモリーカード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic