通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > データ型・構造体 > 独自のデータ型・構造体 > ポインター用
UINT_PTR
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:ユーイント-ポインター
外語:UINT_PTR
品詞:名詞

Microsoft WindowsAPIなどに使われている、Cの変数型の一つ。ポインター長のunsigned int。

Win32環境では32ビット長、Win64環境では64ビット長である。

目次
主な用途

Windowsアプリケーションで、64ビット対応をする場合、unsigned intUINTを、UINT_PTRに置き換える作業が主となる。

例えば、WindowProcコールバック関数3番目の引数WPARAM型は、UINT_PTR型をtypedefしたものである。

特徴
定義

UINT_PTRは「ポインター長のunsigned int」であり、これを「unsigned int長のポインター」と考えることは誤りである。

Microsoft Visual C++ 2008環境では、次のように定義される。

Win32プラットフォームではunsigned __int32Win64プラットフォームではunsigned __int64として定義される。

過去

現在の定義では、UINT_PTRはULONG_PTRと同じである。

かつてはUINT_PTRはunsigned intのtypedef、ULONG_PTRはunsigned longのtypedefだったため、このような名前となっているのである。

BaseTsd.hには、古い環境での定義が今も残されている。

リンク
関連する用語
INT_PTR
WPARAM
ULONG_PTR
uintptr_t

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic